So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ユーグレナ ブログトップ
前の10件 | -

鞭毛再び、ミドリムシ Euglena Gracilis [ユーグレナ]

きょうは、ミドリムシさんの鞭毛の動きです。
以前ご紹介した、体の固いかたではなく、Euglena Gracilisさんです。
食べられるミドリムシさんで有名な種類です。

通常のスピードでは、

結構素早いタイプのミドリムシで、草もちには見えません。

鞭毛のスローで(400fpsです)、

ぶんぶん回してます?結構な回転数ですね。

nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

草もち? ミドリムシ Euglena [ユーグレナ]

すじりもじり運動のミドリムシさんですが、
柔らかい草もちに見えません?


すごく柔らかいですよね。

ゆーっくりと、動いてます。
前にもお話し、しましたが、ペリクルストリップ(pellicular strips)によるものなのですよね。
不思議ですよね。
nice!(17)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ゆらりゆらゆら、さやえんどうⅡ メノイディウム Menoidium [ユーグレナ]

動画未紹介の、メノイディウム Menoidiumさんです。


ゆらゆらとゆれる姿が美しい、ミドリムシさんのお仲間です。

最近?何かと話題な(健康食品や、バイオプラスチックなどで)、
パラミロンがきれいに見えるのは私だけでしょうか?
nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ミドリムシ、赤いムシ [ユーグレナ]

紅葉が綺麗な季節となりました。
急激に冷えて来たので、あまりきれいとはいえないのが残念です。

紅葉とは関係ありません?が、

赤いミドリムシです。

たまに見かけるのですが、日差しが強い真夏の方がいっぱい見かけるので、
紅葉とは関係なそうですがどうでしょう。

よく観察すると、葉緑体とは別な部分に赤い顆粒があるみたいです。
nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

たべられます ミドリムシ Euglena Gracilis [ユーグレナ]

ミドリムシ(Euglena Gracilis)さんです。


ミドリムシの種類は沢山あって、いつもは種名を明記しないのですが、
こちらは、わけて頂いた株で単一種でOKのようです。

ユーグレナ グラシリスという種類は一番食品として使われているようで、
みなさんこの方(かた)を食べているのですね?

一般には抽出した成分を混ぜるのでそのまま入っているのではないのでしょうが・・・
どうなのでしょう???
nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

鞭毛 [ユーグレナ]

再登場の、レポキンクリス(Lepocinclis)さんです。

カチカチな殻をもったミドリムシの一種です。
スローモーション撮影で、実際にはもっと早く動きます。

ゆらゆら、ふわふわ漂う風船といったところでしょうか?
本当はもっと素早いですから、強風にあおられて「どこいくんだ~」みたいですが。

前にもお話しましたが、鞭毛側にうごくのですね。
動物細胞が異端ということです。


その鞭毛は、さらにスローで撮影しますと、

な感じに、回転運動をするのですね。

窮屈そうでした?
nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カラヒゲムシ(Trachelomonas)さんです。 [ユーグレナ]

顕微鏡写真の、ご紹介です。

カラヒゲムシ(Trachelomonas)さんで、たぶん未紹介でしたでしょうか?
ハイスピード撮影がだいぶこなれてきましたので、
GIFアニメーションです。

カラヒゲムシ(Trachelomonas).gif
殻をもったミドリムシといったところでしょうか。

ひょこひょこと動く姿は、クラミドモナスをほうふつとさせますが、
こちらは、鞭毛が1本です(隠れていて本当は2本???)。

見つけるのはたやすいので珍しくはありませんが、動いているところの撮影は難儀しますでしょうか?
nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ホーホー ほーたる来い? [ユーグレナ]

蛍を見に行ったのですが、ホタルには出会ったのですが、
残念ながら撮影に失敗しましたので、

代わりのお写真です。
ミドリムシ.jpg
池の水が抹茶のようになっていたので、すくってみたのがこれです。

緑に光る小さいものがほわーん、ほわーんと、まるでホタルのように。

ミドリムシ02.jpg
拡大するとミドリムシ(Euglena)さんが大量発生していたのでした。

ほたるさんは、また来年かなぁ・・・


追加)
実際に撮影したものはこんな感じです。

難しいですね。

ミドリムシの分類 [ユーグレナ]

いっぱいミドリムシの仲間が出てきましたので、この辺で整理しておきましょう。

ペリクルストリップをもつミドリムシたちの分類です
鞭毛2本 葉緑体 ペリクル枚数 その他
ペタロモナス(Petalmonas) ペタロモナス__.jpg 1本は前 無し 4・8 硬い
プロエオチア(Ploeotia) 1本は前 無し 10 硬い
エントシフォン(Entosiphon) 1本は前 無し 12 硬い
ヘテロネマ(Heteronema) ヘテロネマ.jpg 1本は前 無し 28  
ペラネマ(Peranema) ペラネマ.jpg 1本は前 無し 50  
ラパザ(Rapaza) 同じ あり 16(先端8)  
ユートレプティア(Eutreptia) 同じ あり 48(先端24、次36)  
ユーグレナ(Euglena) ミドリムシ.jpg 1本は極短 あり 40(先端10、次20)  
ファカス(Phacus) P1310422.jpg 1本は極短 あり 32(?) 硬い、うちわ状
レポキンクリス(Lepocinclis) レポキンクリス2.jpg 1本は極短 あり 32・36(?) 硬い

今まで紹介したもので表に無いものは、
透明な仲間は表の上の方(ペタロモナスあたり)に、
緑の仲間は下の方(ユーグレナ=狭義のミドリムシあたり)に分類されます。

上表は、
BMC Evol Biol. 2012 Mar 8;12:29.と
Bioessays. 2007 Oct;29(10):987-1000.を参考にしました。
なおペリクル数はおおよそで、種によりばらつきがあるのはもちろんです。

ひゅーどろどろどろ、極小のヒトダマ アニソネマ Anisonema [ユーグレナ]

Anisonema_.jpg
極小の透明ミドリムシ、アニソネマ(Anisonema)さんです。

このミドリムシもまたペリクルストリップがあるのですが、かっちかちの殻を持っているので、
鞭毛でしか動けません。ゆらゆらとした動き方は、まるでヒトダマを彷彿とさせます。

(と、ヒトダマをみたことあるような話しっぷりですが、実際に見たことはありません。
あくまで想像のお話です。うちの親は昔見たと言っていましたが・・・)

ヒトダマといっても光りませんが、とちゅうでくるっと方向を変えるかわいいミドリムシです。

前の10件 | - ユーグレナ ブログトップ