So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ゾウリムシ 繊毛は細かく見ると・・・ [繊毛虫]

いつもはアップですが、今日は実体顕微鏡像で遠くからです。

結構素早いですね。

いままで、色々と繊毛、鞭毛?のお話を致しましたが、どうして動くのか?
不思議でならなかったのです。

教科書では、
「真核生物の鞭毛は、繊毛と同一構造の「9+2」の微小管からなり、ダイニンによって駆動する・・・」
とあります。

しかし実際の所なぜきれいな鞭打ちを行えるのでしょう?
以前のスロー画像を思い出して下さい。

また、この繊毛のメタクローナル波(metachronal wave)を生み出す協調した動きは、どこから?


まず、繊毛はある角度を持って順番に並んでいるとお話しました。


きれいな鞭打ちは中心の2本の微小管の向きとは無関係?そうです。
二本並んでいるので、単純に考えるとその固さで二本の並びとは直角に打ちそうなものですね。



そこがずーと引っかかっていたのです。
いろいろ、探していると面白い報告がありました。

顕微鏡 Vol.45 No.1(2010)46-50からです。
かんたんに図示しますと、
繊毛.png
赤い線のようなリンカーと呼ばれる構造が微小管間にあり、
その部分の動きを阻害しているのです。

面白い事にクラミドモナスさんでは、中心の2本の微小管と平行方向に動くのですね。
ぶつかったら曲がるとお話しましたね)

さらにダイニン(微小管から出ている突起)と呼ばれる動きの源ですが、
その配置も繊毛基部と先端に従って種類が違っているのです。

繊毛が曲がっているとか、
(PNASJune 8, 2010 vol. 107 no. 23 10490–10495からです。)

ダイニンの動きの協調性(動きが繊毛上を周期をもって伝わる)、
(日本物理学会誌 Vol.48 No.12 1993 949-957からです。)

など、色々な要因が絡みあって、きれいな繊毛の、有効打、回復打の繰り返しが起こっているのです。

なんと不思議なことでしょう。

残念ながらメタクローナル波の伝わっていく仕組みの報告は見つけられませんでしたが、
わかり次第お話いたしましょう。

nice!(23)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

プロロドン?ホロフリア Prorodon or Holophrya [繊毛虫]

今日は新人さんです。

前口さんの仲間でしょうか?
全身に繊毛をまとっていますので、プロロドン( Prorodon) かホロフリア(Holophrya)さんのどちらかなのでしょうか?

結構素早いので、

プロロドン?ホロフリア.jpg
静止画のアップです。

縦じまがないようですが・・・
口の周りのキネトソーム(kinetosome)=基底小体(Basal body)がどうなのか・・・
どちらかというと、ホロフリアさんでしょうか?
分類っていつもながらに難しいですね。
nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ひそひそ話 ラクリマリア Lacrymaria [繊毛虫]

超高速ろくろ首こと、ラクリマリア(Lacrymaria)さんの動画です。
以前は、外部の動画をご覧頂いておりましたが、自前でということで再び登場です。
(リンクが無くなってしまうことがよくあるので、今のところはOKのようですが・・・)


周りに障害物がない状態で撮影出来たものです。
首以外にも、体の動きもすばやいのですね。


何を話しているのでしょうか?

それとも・・・接合なのでしょうか?
まさか、食べようとは思ってないのでしょうが・・・
しばらく観察していたのですが、残念ながらこの後には離ればなれになってしまいました。
うーんどうなのでしょうね。
nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

釣鐘のでき方再び ツリガネムシ Vorticella [繊毛虫]

以前、写真のパラパラでご紹介しましたが、今日は動画です。

遊泳中は、

こんな感じにツンツンとです。

それからしばらくして、定着後のツリガネ形成までです。

大変身です。

4倍速で動かしていますので、素早いですが、実際には6分の映像でユーっくり変身です。
容量の関係で画像が粗いのはご勘弁下さいねっ。
nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

小さいゴキ?② アスピディスカ Aspidisca [繊毛虫]

山の雪解け水の中でがんばっている、
アスピディスカ? Aspidiscaさんの、動画のご紹介です。

こんな感じに素早く動いています。

ホントに、カサッカサッって感じですね。


スローで見ると、

スティロニキア (Stylonychia = Tetmemena)さんよろしく、やっぱり歩いてますよね。

よく見ると、繊毛が数本集まった足?なのですね。
ホントに単細胞生物なのか疑問に思ってしまいます?
nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

溶ける、スピロストマム スピロストムム Spirostomum [繊毛虫]

以前ご紹介しましたが、動画が発掘されましたので、ご紹介です。



溶けていますね。
nice!(15)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

生まれる コレプス Coleps [繊毛虫]

コレプスさんの無常?をお伝えしたのですが、増殖もまた常なのです。


真ん中の切れめが増して、



だんだん発生部位が出来ています。



そして分かれます。


こうやって、生まれているのですね。
nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

帆の付いた、カカオ キクリディウム Cyclidium [繊毛虫]

カカオや、アーモンドに似た繊毛虫はキクリディウムプレウロネマなどがあります。
どちらも、帆のような繊毛列があるのですね。

これらは、前にもお話しましたが、食物を捕捉するためにあるのでしょう。

動く姿は、

ツンッ、ツンッ、とっ、素早いですね。

帆のなびいているのがわかるでようか?

上の動画では尾の繊毛が見当たりませんが取れちゃったのですかね。
大きさは、キクリディウムを思わせるのですがどうでしょう???
nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ぐわぁ、がぶぅ、ずるずるっ、コレプス Coleps [繊毛虫]

まさに、
ぐわぁ、がぶぅ、ずるずるっ、といった映像です。

弱肉強食といわれるかもしれませんが、
食事中のコレプスさんもまた、細菌に食べられるのでしょう?
細菌は分子・・・
なので、最終的には元素が強者なのかもしれません。

つまり、拡散に向かうという力学法則には逆らえないということのようです。


そこに、善悪は無く、それを思うのは人間の脳の電気変化、と考えると悲しくなります。

最近思うのは、単なる現象として生き物が発生したとすると、
ゆっくりとエネルギーを消費するのが自然ということなのでしょうか?
最終的に、分子や原子に(それ以下)なっていくとするならば、
せめて長い期間生命を絶やさないでいたいものです。


いかん、また妄想癖が・・・


nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ごきぶーri? [繊毛虫]

スティロニキア (Stylonychia = Tetmemena)さんの、動いている姿です。


ゴキ、と呼んでしまっていますが、

どうです?

歩いてますよねっ?
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー