So-net無料ブログ作成

スポンジという名の煙突 カイメン:sponge  [その他(全ての生物)]

まずはこちらの動画ですね、
総論にはもってこいでしょうか?
リンク先が無くなってしまうのは良くあることですから、ご興味のある方はお早めにどうぞ。

煙突凄いですよね。


さて、


海綿(sponge)の話は様々な方が色々されているようですから、特にその増殖過程をお話しましょう。
(dumboは進化について興味が尽きないのでねっ)


カイメン(sponge)は無性生殖と、有性生殖を行う事はご存知と思います。

無性生殖(Asexual reproduction)は、
体の一部が飛び出す、出芽(budding)と、芽球(gemmule)によるものがあります。
この増殖はクローンですし、生命進化についてはあまり重要ではなさそうですからおいておきましょうか?
(カイメンの増殖ではこちらが重要で、ほとんどこちらに頼っているとの報告があります)


有性生殖(spermatogonia)は、
精子を放出し、卵に受精、その後幼虫が出来て定着し繁殖する。
というのが教科書からの情報ですね。
詳しく書かれているものが無いのでちょっと探してみました。


Treballs de la SCB. Vol. 59 (2008) 29-49、が丁度よさそうな報告で、詳しくは報告をお読みください。
では、ちょっと・・・なので、
下記にdumboの理解の範囲で、作図しておくことにします。
(いいお仕事ありがとうございます。
そしてこれはいつもどおり、dumboのメモがわりです)


基本的な、カイメンの構造です。
カイメン01.png
再生にあまり関係ない部分は省いています。


カイメン02.png
精子形成(Spermatogenesis)は、襟細胞(choanocytes)から始まります。
一部の種類では幹細胞(archaeocytes)からも起こるようです。


カイメン03.png
卵子形成(Oogenesis)です。
幹細胞から生じます。このときアメーバー状細胞(amoeboid cells)になり、メゾヒル(mesohyl)を移動するそうです。
こちらは精子とは逆に襟細胞から生じる種類もあります。
(幹細胞メインということでしょうか?)

生じた卵母細胞(oocytes)は、メゾヒルの内、あるいは外に放出されることもあるようです。


カイメン04.png
受精(Fertilization)は、外で直接(Aの経路)、あるいは、メゾヒル(Bの経路)で行われます。
メゾヒルで行われる場合には、襟細胞に貪食された後、核を保存した状態でアメーバ状になり、
卵母細胞に移動し受精がおこなわれます。


カイメン05.png
受精した卵母細胞は、分裂を重ね、おおむね2層の細胞魂の幼虫になります。

この幼虫(larvae stages)は鞭毛(繊毛?)をもち、
自由遊泳(=free-swimming larvae)をして、若令虫(juvenile stages)を経たのち定着するとのことです。
無繊毛の幼虫もいるそうで、この場合は流れに身を任せるということなのでしょうね。


カイメンの種類には、
普通カイメン(尋常)(Demospongiae)、石灰カイメン(Calcarea)、ガラスカイメン(六放)(Hexactinellida)
の三種に大別されますが、それぞれ異なった生殖様式があり、
またその種類内でも色々と変化に富んでいるのは言うまでもありませんね。


カイメンも色々あるようです。
教科書どおりでしたでしょうか???
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

なにかくっ付くのですが・・・ センダングサ(Bidens) [その他(全ての生物)]

考えをまとめようと、その辺をうろうろしていたら、
何かくっ付いてます。

結構いっぱいズボンや靴下に。

休憩がてら撮影してみました。

センダングサ01.jpg
全体像です。

先端を、拡大すると、
センダングサ.jpg
刺さりますよね、これって、おどろきぃ?!_!?
nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

さらに進化が続きます。 [生命の誕生+進化]

まずはじめに、ホヤ~脊椎動物への進化の過程ですね。
色々な教科書にも書かれています。
以前ご紹介した、
EVOLUTION & DEVELOPMENT 10:2, 241–257 (2008)によると、
ホヤの幼生が我々の先祖ではなかろうかということです。


しかし最近?では異論があり、
遺伝子などの解析から、クシクラゲさんが、先祖に近いのではないかということが指摘されています。
Science. 2013 December 13; 342(6164)や、
The Journal of Experimental Biology (2015) 218, 592-597などです。

参考を読んで頂くのが早いとは思いますが、


dumboの理解したところでは、
クシクラゲの神経遺伝子の一部が、カイメンさんから(逆ですが)見つかりました。
(話がややこしいですが、クシクラゲの遺伝子が古い形で、その一部を消失したのがカイメンではないかということです。)
さらに、その起源も違うのではということのようです。


うーん、謎は深まるばかりですが・・・

クシクラゲあるいはカイメンさんあたりが、
初期の生物の生き残り(本当の祖先から進化したということ)だろうということは一致しているのですね。

クシクラゲ.jpg
有櫛動物(Ctenophora)のクシクラゲの一種です。

このかたがご先祖かもしれないとは、不思議ですね。
nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー