So-net無料ブログ作成

集まりました2 [黄藻]

黄藻つながりで、以前ご紹介した写真がボケボケでしたので再度ご紹介しましょう。

P1360514.jpg
シヌラ(Synura)さんです。

こちらの、マロモナス(Mallomonas)さんが集まった感じがわかると思います。

タグ:シヌラ Synura

枝の形が違います。 [黄藻]

先端はそっくりですが、きょうはアンソフィサ(Anthophysa)さんで、まったく異なった種類の方です。
名称未設定 32_1.jpg

名称未設定 32.jpg
拡大するとこんな感じで、先端だけふわふわと泳ぎ出しているところを目にします。
藻と言われますが、葉緑体はないみたいですね。

サヤにおさまりました。 サヤツナギ Dinobyon [黄藻]

サヤツナギ1.jpg
サヤツナギ(Dinobyon)さんです。
綺麗な鞘:ロリカ(lorica)に納まっています。


拡大すると、なにやら赤い点があります。
サヤツナギ3.jpg
これは、ミドリムシさんと同じく眼点と呼ばれる構造です。

鞭毛がありますので、移動することが出来て、
面白いことに群生が広がっている方向(始めの写真の右側:鞭毛の生えている側)に移動します。

金色の花束さんのご紹介でした。

光と細菌が必要です [黄藻]

ウログレナ(Uroglena)さんには特筆すべき点があって、
この方は、細菌がいないと生きていけないそうです。

もちろん光合成を行うので、光なしでもだめなのですが、不思議ですねぇ。
こういったことは、Photophagotrophyというようです。

淡水赤潮を引起すことで有名ですので、そんなこともあるのかもしれません。

jpn. j. Limnol., 46: 4, 315-318, 1985.からのお話です。

そのほかには、オクロモナス(Ochromonas)さんでも報告されているようです。
こちらは絶対に必要というわけではなさそうですが。

Microb Ecol (2001) 42:513–523.にオクロモナスが報告されています。

ちょっと、記事が短かったですか?
でも、不思議でしょ・・・?、ではまた。

またまた、集まりました。 ウログレナ Uroglena [黄藻]

ウログレナ.jpg
さらに細胞数が増えて、ウログレナ(Uroglena)さんになりました。

ユードリナや、ボルボックスさんのようですね。

ちなみに、Uroglena volvoxというそのものずばりの方もおられるようです。

こちらのグループも多細胞化(群生なので、純粋な多細胞ではありませんが)の道を進んでいるようですね。

集まりました シヌラ Synura [黄藻]

マロモナス(Mallomonas)が集まったような、シヌラ(Synura)さんです。
シヌラ01.jpg
くるくると回転しながら泳いでいるので、ちょっとぶれてますね。

こちらは、2~24個の細胞郡からなり、2本の長い鞭毛を持ちます。
また、マロモナスさんは、ヒゲ(bristle)付きのウロコ(scale)に覆われていましたが、
こちらはウロコだけのようです。

Phycologia (2012) Volume 51 (3), 303–329.が詳しいでしょうか。

では、よい一日を。

2015-10-07追加>こちらにより鮮明な写真をアップいたしました。よろしければどうぞ。
タグ:シヌラ Synura

髭付きウロコ [黄藻]

分類も変わっているので、構造も変っていて、
模式図にするとこんな感じですね。
マロモナス.png
剛毛・ヒゲ(bristle)付きのウロコ(scale)に覆われています。
感じとしては太陽虫に近いのでしょうか?

鞭毛(flagella)は1本に見えますが、スケールの下に短い鞭毛が隠れています。
基底小体.png
クラミドモナスさんからするとかなり単純化されていて、
短い方の鞭毛(second flagellum)は、ヨツメモ(Tetraspora)や、珪藻の一種に類似しているそうです。

Transactions of the Kansas Academy of Science (1903-), Vol. 81, No. 4 (Winter, 1978),
pp. 327-335.からのお話でした。

金色のオナモミ マロモナス Mallomonas [黄藻]

マロモナス.jpg
マロモナス(Mallomonas)さんです。

藻という名前がついていますが、この方は非常に変わっていて、
ストラメノパイル(Stramenopile)といわれるグループに属します。

どちらかというと、アルベオラータ(Alveolata):繊毛虫など、珪藻、太陽虫の一部・・・に近い?ですので、
今までお話してきた緑藻さんたちとはまた違った、いろいろな特徴があるのでした。

と、どちらかというと寄せ集めみたいな感じもしなくもありませんが・・・
大分類はこちらです。)

今日は、お写真のみのご紹介ですみません。