So-net無料ブログ作成
ペーパークラフト ブログトップ

DNAの螺旋はどこから? ペーパークラフト⑨ [ペーパークラフト]

DNAの構造はどこから来ているのか色々測ってみましたが、結果作る方が早いだろうってことで、
ペーパークラフトにしてみました。

DNAペーパークラフト.png
展開図ですね。
(いつものようにご自由に使っていただいて結構です。
たいしたものではありませんが、ご使用される折にはリンクとかしていただくとうれしいですね。)

ペーパークラフト01.jpg
切った後はこんな感じで、

ペーパークラフト03.jpg
ちまちまと、繋げていきます。

ペーパークラフト05.jpg
さて、やはりつなぎ終っても螺旋にはなりませんね。

で、5角部分を折り曲げると、
ペーパークラフト07.jpg
な感じで、螺旋形になるみたいですね。
(当然と言えば当然???)

5角形の部分に秘密があると感じてしまった次第でした。
本当のところはどうなのでしょう?

では。


追加)DNAのデータで5角部分を見るとやっぱり歪んでますね。
DNArasenn.png

クンショウモのマグネット [ペーパークラフト]

クンショウモのマグネットがあったらいいなと思い試しに紙で作ってみました。
クンショウモ P02.jpg
よくあるポストに投函されるマグネットシートを再利用してみましたが、もっと磁力が必要ですね。

すぐ落ちてしまうので、改良が必要です。強度もアップしないと、で、プラスチックでも削ってみますかね?

クンショウモ ペーパークラ.png
ペーパークラフトですので展開図はこちら。16個ですが、5種類の部品?からなっています。
糊しろは必要ないかもしれません。

つくっていて気づいたのですが、かどの隣との接触は2~3ですね。
32細胞のクンショウモでは2~4となるようです。

クンショウモ P01.jpg
つくっているところの写真はこんな感じです。
核のかわりにマグネットをつけました。

では、また。

ペーパークラフト⑦ ワムシ ハナビワムシ [ペーパークラフト]

ワムシのペーパークラフト、4回目です。
ハナビワムシ_00.jpg
ハナビワムシさんです。

実物の顕微鏡写真はこちらですね。

ハナビワムシ.png
印刷用画像です。

前回は、つづら折?(ミウラ折?)でしたが、今回は蛇腹折りにしてみました。
折り位置が違うだけでよく似ているのでどちらも蛇腹でしょうか?
→どうやら十亀(ソガメ)折りと呼ぶらしいですね・・・
『10+1』 No.46.pp.96-99.からによります。

さて、今回は、接写用ベローズ(bellows)でご存知ですよね。それの5角柱です。

ハナビワムシ_01.jpg
それぞれのパーツはこんな感じです。
(修正前の写真なので、若干印刷用画像と異なります。蛇腹は裏表逆にしました。)

ハナビワムシ_02.jpg
繊毛部分が可動しますのでこんな感じに紙の棒を入れていきます。

伸びると閉じて、縮むと開くので実際と逆になってしまいました。
難しいですねぇ。

ペーパークラフト⑥ ワムシ ヒルガタワムシ [ペーパークラフト]

今日のお題です。
ヒルガタワムシ_01.jpg
ヒルガタワムシさんですね。
実物の顕微鏡写真はこちらです。
突起を伸ばしているときを参考としています。

ヒルガタワムシ1.png
こちらが、印刷用画像です。

ヒルガタワムシ_02.jpg
それで、頭部の画像ですね。

つづら折り?が難しいかもしれません。
縦(長軸)の折り目をつけてから織り込むと勝手に縮んでくれますね。

では、よい一日を。

ペーパークラフト⑤ ワムシ ウサギワムシ [ペーパークラフト]

ウサギワムシ_1.jpg
今日はウサギワムシさんです。

実物の顕微鏡写真はこちらです。
殻の後ろをとがらせてみましたが、いろんなバリエーションが出来ると思います。

ウサギワムシ.png
こちらが、印刷用画像です。

ウサギワムシ_2.jpg
裏はこんな感じで、

ウサギワムシ_3.jpg
正面はこんな感じですね。
頭部はかなりデフォルメしています。
(始めは細かく作っていたのですがこれが一番よさそうなので・・・)

でっきーるっ、かー、なぁ~♪

ペーパークラフト④ ワムシ スクアティネラ [ペーパークラフト]

ペーパークラフトの4回目は、スクアティネラ(Squatinella)さんです。
スクアティネラ101.jpg
実際には、頭がとがっていないのですが、とがらせてみました。(可愛いでしょ?、イカ?)

実物の顕微鏡写真はこちらをご覧下さい。

スクアティネラ.png
こちらが、印刷用画像です。

裏面は、
スクアティネラ102.jpg
こんな感じで、

横は
スクアティネラ103.jpg
こんな感じですね。

ふわーっと、泳いでくれるといいのですが・・・っ・・・ね。
(宇宙船でしょうか、StarTrekでみたような?)

ペーパークラフト③ ボルボックス [ペーパークラフト]

今度は、ボルさんたちのペーパクラフトです。

ペーパークラフトボルボック.png
1枚で8細胞のモデルですので、ボルボックスを作るとすると、64枚位(512細胞程度)必要ですね。
なのでこれはとてもお勧めは出来ません。
生物ってすごいですね、こんな作業をいとも簡単にしてしまうのですから。

これはもう、千羽鶴をおる感じですね。
(千羽鶴は1ヶ月位で作ったことがありますが、おるだけではないのでこちらの方が大変ですか?)

毎日二枚位(16個)作っても、1ヶ月はかかりますので、週一でやると半年以上かかるでしょう。
ボルボックスペーパークラフト.jpg
そんなこんなで、導入部分だけのお写真となってしまいました。

そうそう、
ボルさんたちは、cytoplasmic bridges (CBs)と呼ばれる構造で、隣の細胞と連結していて、
3~6本程度の手でつながっています。
写真ではクリップによる固定ですが、実際に糊付けする時は、もっと短くした方が強度的にもいいでしょうか?

うーん、完成はいつになるのでしょう・・・?

ペーパークラフト② ケンミジンコ [ペーパークラフト]

ペーパークラフトの二回目で、
ミジンコペーパークラフト22.jpg
ケンミジンコさんです。
船虫?ってうちのは言ってました。

ミジンコペーパークラフト2.png
こちらが、印刷用画像です。
(前と同じく、上の展開図は自由に使って頂いて結構です。)

パーツは2枚ですが、まえよりすこし難しくなってまして、
ミジンコペーパークラフト20.jpg
こんな感じに殻の中に胴体を挿入して作りますので、コツがいるかもしれません。
(写真のように尾っぽを細かく切らないで入れないとピンセットのお世話になるかもです。
・・・もっと簡単な方法もあるかと思いますが、パズルなのでしょうかね?)

完成すると、
ミジンコペーパークラフト21.jpg
裏側はこんな感じです。

では、お風邪など召されないようお過ごし下さい。

ペーパークラフト ミジンコ [ペーパークラフト]

それにしても天気がよくない日が続きますね。

子供たちがお休みで~雨で~
動物園めぐりも出来ませんので、
家で出来るもので最近はまっているものが、ペーパークラフトです。

よく作っているのが機関車で、
皆さんのものを利用させていただいているだけでは恐縮ですので、
こんなものを作ってみました。
ミジンコペーパークラフト00.jpg
ミジンコさんです。


ミジンコペーパークラフト.png
これが印刷用画像です。
(いつも利用させていただいているだけですので、上の展開図は自由に使って頂いて結構です。)


作り方は下の写真をご参考にしてください。
ミジンコペーパークラフト.jpg
胴体が三角柱になる感じですね。ここも参考になるでしょうか?
触角を殻に引っ掛ける切れ込みが、糊付けの具合でずれるので、最後に切り込むようにコメントしました。
(のりしろなど、調節して下さいね。アレンジはペーパークラフトの醍醐味ですので。)

皆さんのペーパークラフトも期待しています、よろしくお願いいたしまーーーす♪

ペーパークラフト ブログトップ