So-net無料ブログ作成

鞭毛は動力源だけではありません [緑藻]

今日も、クラミドモナスさんです。
以前、光に対して向かっていくお話をしましたが、きょうはぶつかったら下がるというお話です。


真核生物の鞭毛は細胞壁、膜?をかぶっているということで、そこには色々な物質を埋め込む事が可能なのです。
鞭毛モーター33337.png
Nat Cell Biol. 2011 May;13(5):630-2.によると、
鞭毛基部に、機械受容体である、TRP (transient receptor potential)の似た形の、TRP11が存在するそうです。

この鞭毛基部は運動するときにあまり変化がない部位で、かつ、障害物にぶつかったときに多くの変化をつかめる部位とのことで、
そこにセンサーを取り付けたということのようです。

対して、その変化を受け取る部品は鞭毛先端部分に集まっている、電位依存性カルシウムチャネル(CAV2)が存在します。


カルシウムの濃度の変化は、
鞭毛モーター33335.png
鞭毛を動かす、微小管と、ダイニンを結合させ動きを制御するとのことです。


変化がどういった動きになるのかというと、
Ca依存クラミドモナス.gif
こんな感じで、Caが少ないと前進で、多いと後退という動作を行うとのことです。
Cilia2015 4:6、からです。


小さな体ですが、光センサー、追突センサーと巧妙なからくりが隠れているのですね。うーん、すごいですね。

2016/9/27)動くところのお写真がありましたので追加です。
クラミドモナス.gif
両方の鞭毛がぶつかって、どちらに行ったらいいのかわからないといった、感じでしょうか?

一人の好きな方もおられます [緑藻]

テトラエドロン(Tetraedron)さんです。
名称未設定 31.jpg
ひょっとすると突起の小さいホシガタモ(Staurastrum)さんかもしれません。

名称未設定 35.jpg
ちょっとふくれた方もいるようです。

3次元にも組合わさります。 [緑藻]

クンショウモは平面でしたが、三次元の方もおられるのですね。

コエラストルム(Coelastrum)さんです。
名称未設定 12.jpg
16細胞でしょうか?きれいに組まれるのですね。

名称未設定 13.jpg
さらに増加して32細胞の方もおられます。
横の細胞との接点が5~6箇所と増加しています。

一見すると正二十面体の様な感じを受けますが、
細胞数は2の乗数らしいので、正二十面体の頂点数、12個ではないのですね。


葉緑体がなくなってしまってますが、
P13010061.jpg
8個の方もいるようです。


三次元とは言っても表面に並んでいるだけのようですので、
ボルボックスさんたちとは全く違うというわけではありませんが・・・ボルさんとは違ってしっかりとしたつくりですね。

ざらざらのビスケット [緑藻]

サメハダクンショウモ(Pediastrum boryanum)さんです。
名称未設定 11.jpg

前もご紹介しましたが、
フタヅノクンショウモ(P. duplex)さんはこちらです。
名称未設定 10.jpg
ツルツルってわけではないのですが、
サメ肌さんのほうがざらざらしてるのがわかると思います。

食べるとけがします [緑藻]

ス○ンのようだとお話いたしましたが、実はこれ食べられません。
毒とかではなく、口を切るかもしれないというお話です。

クンショウモ001.jpg
揚げそこないでしょうか?ひしゃげてますね。

形の問題ではなく、この透明部分の殻はガラスで出来ているそうです。
全体ではないでしょうが、間違いなく怪我しますね。

Nature vol.216 october 7.1967 P.68.からのお話でした。

どうりで、カバーグラスでも壊れないわけです(同じガラスですが)。
カッチカチです。

三種の変形 [緑藻]

前回の分裂?が一般的なもので、その他に2種の増殖法が知られています。

一つは接合子(zygote)を生成するいわゆる優性生殖で、もう一つが無性生殖で前回の亜形です。
クンショウモ_001.png
亜形はいったん鞭毛を持った子どもが泳ぎ出し、分裂し、親と同じ形になっていくもので、
予言?はされていたのですが、やっとそれが確認されたとのことです。

クンショウモにもいろいろあるのですね。

Water Research. 09/2014; 60:130–140. からのお話でした。

追加)上記の報告はPediastrum boryanumによるものですが、
鞭毛体を持った細胞郡の期間は4分と報告されています。
なかなかお眼にかからないわけですね。

形は場所から クンショウモ Pediastrum [緑藻]

クンショウモ(Pediastrum duplex)の分裂ですね。
クンショウモ.jpg
小さなクンショウモが親のカプセルの中でつくられて、増えていきます。

実際には下図のようになるでしょうか。
クンショウモ.png
親の細胞の中で2本の鞭毛(flagella)を持った子供たちが作られ、それらが成長すると娘細胞郡になります。

この鞭毛体は実際には目にしたことは無いのですが、
Biol. SERlE 16. NUMMER 38 - 1984 - E 2792.にドイツ語でしたが、分裂時の写真がありました。
(ドイツ語で読めませんでしたが、この鞭毛体の時期は非常に短そうですね。20分???)
そして、その形のまま大きくなり親に成長します。


さて、ここで面白いところは、その細胞たちにはどれもツノをつくる能力が備わっていることです。
それぞれの周囲に接触する?細胞が無ければそこにツノがつくられます。
クンショウモ01.png
したがって、中心でも位置がずれて空間が生じてしまうと、そこにもツノが出来るのですね。
たまに目にするいびつな形はそのためなのでしょう。

平らな円盤の中を移動して、結果的にうまい具合に散らばって位置が決まるのでしょう?

綺麗なクンショウ型が、あらかじめ決められているわけではないところがなんとも不思議ですよね。
生物物理Vol. 13 No.2 (1973)に、ビワクンショウモのパターンの基本的な考え方が報告されています。

拡散のマジックが、ここにも見て取れるのでしょうか?

お菓子 クンショウモ Pediastrum [緑藻]

クンショウモ(Pediastrum duplex)です。
クンショウモ2.jpg
この形が皆さん見慣れているでしょうか?
つのが二つでフタヅノクンショウモとか、デュープレックスって言うそうです。

私はスナック菓子に見えてしまってしょうがないのですが・・・全然って言われてしまいました。
美味しいですよねス○ン。

クンショウモ1.jpg
こんな形もクンショウ藻と呼ぶようです。なまえは○×△です・・・

こちらは、お菓子のコイン、エー○コインでしょうか?
これも美味しいですね。

では、つまみながら・・・

追加)クンショウモの横が撮影できましたのでご紹介です。7/17
クンショウモ横.jpg

一番シンプル? [緑藻]

クンショウモ(Pediastrum simplex)さんです。
クンショウモ3.jpg
2人写ってますが、大きいほうですね。

各細胞にツノが一つなので、ヒトヅノクンショウモ、シンプレックスと呼ばれています。
勲章というより、☆でしょうか?

すごく小さいので、撮影は意外と大変です。


さて、これからが単純ではないのですが。
遺伝子的な分類がなされるうちに、クンショウモたちが以前のように単純には分類されないようになりました。
良くあることで、単一の系統とすると無理、とのことらしいですね。

このツノが一つの方は、Monactinusという属名が与えられ、Monactinus simplexと呼ばれるようです。

Hydrobiologia (2012) 698:295–326.からのお話でした。

その他に、Lacunastrum、Monactinus、Parapediastrum、Pediastrum、Pseudopediastrum、
Sorastrum、Stauridiumの名前があがっているようです。

分類って難しいですねぇ。

銀も作ります [緑藻]

バリウムや、ストロンチウムのお話が続きましたので、
今日は少し前に戻って、イカダモ(セネデスムス:Scenedesmus)さんのお話です。

この方は、銀を濃縮することが知られています。

これには、硝酸を亜硝酸に還元する、
硝酸レダクターゼ(NADH-dependent nitrate reductase)という酵素がかかわっているとのことです。

生成した、銀ナノ粒子(silver nanoparticles:AgNPs)は抗菌活性がありますのでいろいろと利用できそうですね。

Journal of Nanoparticles Volume 2014 (2014), Article ID 689419, 6 pages.からのお話でした。


さて、いいものには落とし穴があって、銀ナノ粒子ですが、いろいろ悪さもするようで、
YAKUGAKU ZASSHI 134(6) 723-729(2014)によると、
粒子の大きさが小さいほど毒性?が増加するとのことです。

いろんなところで銀が使われているので、どうなのでしょうか?
難しいですねぇ。

では、この辺で。