So-net無料ブログ作成
その他(全ての生物) ブログトップ
前の10件 | -

スポンジという名の煙突 カイメン:sponge  [その他(全ての生物)]

まずはこちらの動画ですね、
総論にはもってこいでしょうか?
リンク先が無くなってしまうのは良くあることですから、ご興味のある方はお早めにどうぞ。

煙突凄いですよね。


さて、


海綿(sponge)の話は様々な方が色々されているようですから、特にその増殖過程をお話しましょう。
(dumboは進化について興味が尽きないのでねっ)


カイメン(sponge)は無性生殖と、有性生殖を行う事はご存知と思います。

無性生殖(Asexual reproduction)は、
体の一部が飛び出す、出芽(budding)と、芽球(gemmule)によるものがあります。
この増殖はクローンですし、生命進化についてはあまり重要ではなさそうですからおいておきましょうか?
(カイメンの増殖ではこちらが重要で、ほとんどこちらに頼っているとの報告があります)


有性生殖(spermatogonia)は、
精子を放出し、卵に受精、その後幼虫が出来て定着し繁殖する。
というのが教科書からの情報ですね。
詳しく書かれているものが無いのでちょっと探してみました。


Treballs de la SCB. Vol. 59 (2008) 29-49、が丁度よさそうな報告で、詳しくは報告をお読みください。
では、ちょっと・・・なので、
下記にdumboの理解の範囲で、作図しておくことにします。
(いいお仕事ありがとうございます。
そしてこれはいつもどおり、dumboのメモがわりです)


基本的な、カイメンの構造です。
カイメン01.png
再生にあまり関係ない部分は省いています。


カイメン02.png
精子形成(Spermatogenesis)は、襟細胞(choanocytes)から始まります。
一部の種類では幹細胞(archaeocytes)からも起こるようです。


カイメン03.png
卵子形成(Oogenesis)です。
幹細胞から生じます。このときアメーバー状細胞(amoeboid cells)になり、メゾヒル(mesohyl)を移動するそうです。
こちらは精子とは逆に襟細胞から生じる種類もあります。
(幹細胞メインということでしょうか?)

生じた卵母細胞(oocytes)は、メゾヒルの内、あるいは外に放出されることもあるようです。


カイメン04.png
受精(Fertilization)は、外で直接(Aの経路)、あるいは、メゾヒル(Bの経路)で行われます。
メゾヒルで行われる場合には、襟細胞に貪食された後、核を保存した状態でアメーバ状になり、
卵母細胞に移動し受精がおこなわれます。


カイメン05.png
受精した卵母細胞は、分裂を重ね、おおむね2層の細胞魂の幼虫になります。

この幼虫(larvae stages)は鞭毛(繊毛?)をもち、
自由遊泳(=free-swimming larvae)をして、若令虫(juvenile stages)を経たのち定着するとのことです。
無繊毛の幼虫もいるそうで、この場合は流れに身を任せるということなのでしょうね。


カイメンの種類には、
普通カイメン(尋常)(Demospongiae)、石灰カイメン(Calcarea)、ガラスカイメン(六放)(Hexactinellida)
の三種に大別されますが、それぞれ異なった生殖様式があり、
またその種類内でも色々と変化に富んでいるのは言うまでもありませんね。


カイメンも色々あるようです。
教科書どおりでしたでしょうか???
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

なにかくっ付くのですが・・・ センダングサ(Bidens) [その他(全ての生物)]

考えをまとめようと、その辺をうろうろしていたら、
何かくっ付いてます。

結構いっぱいズボンや靴下に。

休憩がてら撮影してみました。

センダングサ01.jpg
全体像です。

先端を、拡大すると、
センダングサ.jpg
刺さりますよね、これって、おどろきぃ?!_!?
nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

UMA うごく螺旋 [その他(全ての生物)]

多くの、いきものの名前をご紹介しておりますが、
実際にはわからない、あるいはたぶん・・・なかたが氷山の下ごとくいっぱいなのです。

そんなかたの一匹?(群体?)です。


動くばねです。
しかもバックまでします。


大きさは、上から出現するフナガタケイソウから推測できそうです。
体は柔らかくなく、前進後退します。
おそらく、アウラコセイラ(珪藻の一種)さん、といったところなのでしょうが、
どうなのでしょう?

もっと高倍率で確認するとわかったのでしょうかね?

刺さりそうですね。
nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トノサマガエル? ダルマガエル? [その他(全ての生物)]

トノサマガエル.jpg
たぶん、トノサマガエルです。

さて、たぶんというのも変ですが、実際dumboのいる関東地方にはトノサマガエルは存在しないらしいのです???

ですが、おそらくお殿様でしょう。
トノサマガエル0001.jpg
真上からの写真です。
子供の遠足について行った水族館のビオトープにいたので野生種とはいえないので・・・


さて、トノサマガエルと、ダルマガエル(名古屋、東京と二種)というよく似たカエルがいまして、
見分け方は、典型的な例では、
①後肢長/体長:トノサマガエル=1.6位:ダルマガエル=1.4位
(一般には普通に座った状態で、真上から見て、足先が鼓膜に届くか届かないかで見分けるみたいです)
②背中線:トノサマガエル=あり:ダルマガエル=なし
(上の写真では、背中の緑の線です)
③背面斑紋:トノサマガエル=形がそろって孤立:ダルマガエル=融合
(背中に並んでいる凸凹の形状にそって褐色の斑点がわかりますか?)
④鼓膜横周辺の暗色斑紋:トノサマガエル=背中側が細い:ダルマガエル=同じで、後ろに斑点がある
(鼓膜の上から後ろにかけて黒いくの字になっている部分の太さと、その後ろに斑点があるかないかです)
⑤腹面微斑紋:トノサマガエル=なし:ダルマガエル=あり
(お腹なので、捕まえてみないと解りませんが、横からの写真では無さそうに見えますね)
ということらしいです。
Japanese Journal of Herpetology 9 (3): 87-98. 1982.からです。

実際には報告にあるように、
交雑してしまっていて特徴の割合をスコアにしてだいたい分けられるということのようです。
(中間型が存在して混沌としているということです)
しかもスコアが交差しているので単独では判別不能とのことです。

子供のころトノサマガエルと呼んでいたものが実は違っていた?かもとは驚きです。


近くの田んぼには、
トノサマガエル001.jpg
卵がありました。

以前ご紹介した、ウシガエルさんとちがって塊になっているのですね。

ちなみに、鳴き声は、

ちょっと雑音が入っていてすみません。

声紋は、
トノサマガエル01.png
な感じで、いわゆるトノサマガエルと言った鳴き声なのでしょうね。
こちらに、カエルさんたちの鳴き声が出ています。

そちらと、比較したものが、
トノサマガエル_etc.png
上から、トウキョウダルマガエル、トノサマガエル、dumboの録音したものです。


うーん、
いつもながらに、dumboの不勉強をさらけ出してしまいました?
生き物って奥が深いです。

キイチゴ [その他(全ての生物)]

少し前に戻ってイチゴのお話です。

P1100253.jpg
キイチゴです。

P1120190.jpg
その花です。

キイチゴとは総称で様々な種類があるようです。
クサイチゴ、ヒメバライチゴ、クマイチゴ、ナワシロイチゴ、
カジイチゴ 、ナガバモミジイチゴ、シマバライチゴ、フユイチゴ・・・
などが日本の原種ということです。
上の写真は(ナガバ?)モミジイチゴでしょうか?
園学研.(Hort. Res. (Japan)) 12 (4) : 335–342.2013。からです。


先日、イチゴのお話をしましたが、イチゴに劣らずキイチゴもおいしいですね。
そのイチゴは実?ではなく、花托(カタク)を食べているのですが、
こちらのキイチゴでは実を食べているのです。

上の写真の花はイチゴの花とよく似ていますが、キイチゴでは実に果肉が豊富?のようです。
イチゴ実.png
な感じですね。


そう言えばお仲間のラズベリーでは、実の真ん中が空洞で販売されていますが、
こちらは実の刈り入れ?のときに花托部分を木に残しているのでしょう。

国産ラズベリーの栽培・流通のてびき、秋田県立大学生物資源科学部附属フィールド教育研究センターに、
詳しい収穫の仕方が解説されていました。

イチゴ [その他(全ての生物)]

花をみていたら他のもの気になるのですね。
ちょうど植えていた、イチゴの花を見てみました。

イチゴ03.jpg
こんな感じです。

メシベ(雌蘂:しずい)?によってみますと、
イチゴ04.jpg
普通、花のメシベは1つでしょうが、びっしりと乱立?しています。

オシベ(雄蘂:ゆうずい)は、
イチゴ06.jpg
ちょっと角度を変えると、
イチゴ07.jpg
のような感じに、
葯(やく)はパックリと開いています?
ツツジとは違った形なのですね。


やはりイチゴですから、果肉?がどうなっているか見てみると、
イチゴ01.jpg
一つ一つが袋状になっているのです。
で、この袋が
イチゴ09.jpg
のように緑のつぶつぶになり、黒(茶色い)いぽつぽつへと変化するのですね。
黒いポツポツが実ということのようです。

じゃあいつも食べているものはというと???
実(じつ)のところ実(み)ではないのでした。
うーん・・・○×△でも、果物ですよね!

サツキ [その他(全ての生物)]

皐月に咲くツツジをサツキというらしいですが、
今、咲いているのがそうなのでしょう?
みんなツツジってことなのかなぁ???

dumboはやっぱりミクロで見てみます。

サツキ花びら_内.jpg
花びらの内側(メシベ、オシベのある側)です。

そして外側ですね。
サツキ花びら_外.jpg
外側の方がざらざらしているのですね。

アイスプラントの塩嚢細胞よろしく、何かたまっているのでしょうか?
花びらの美しい風合いはこのざらざらが関係しているのでしょうね。


めしべは、
サツキ_メシベ.jpg
ペタペタと、ベタベタ?と花粉をくっつけるように出来ています。
当然ゴミも・・・

花びらよろしく、5つに分かれているのですね。

そして、
サツキ_オシベ.jpg
オシベです。
初めて気づいたのですが、花粉は筒?袋?(葯 :anther )の中から出てくるのです。
風に吹かれてふりまくように無駄のない作りということなのでしょうか?

動かしてみると、穴の具合がわかりますね。
ほんとにミクロって面白いですね。

今年の花粉は??? [その他(全ての生物)]

ちょっともの作りで息詰?(行き詰?)まっているので、今日は違う話題です。

早いものでまた花粉の季節です。
ですがっ、アレルギーが一杯のdumboはすでに1カ月以上前から発症しているのでした。
以前もお話しましたが、おそらくハンノキでしょうか?
ロゴ赤目.png


今年の花粉は日本気象協会によると、多くの地域で前シーズンよりも非常に多いとのことです。
2/14追加)読み直してみたら、dumboのいる関東甲信地方では少なめとのことでした。

で実際はどうなのか、頼りにしている、神奈川県自然環境保全センターの発表では、
スギ雄花の着花量ヒノキ雄花の着花量について、前年を下回るとのことです。
(素晴らしいお仕事ありがとうございます。)

気候と実際の花粉は一致しないのかもしれませんね???
2/14追加)関東甲信地方では一致しているみたいです。

前回同様、今までの飛散データーをグラフ化したものを作図しました。
花粉2017.png
こんな感じです。
(元のデータは神奈川県自然環境保全センター様です。掲載のご承諾、ありがとうございます。)


また花粉とのなが~い戦い?が続きそうです。


追加)こちらに花粉発生源対策についての取組が報告されています。
これによると、今までに477.17億個の花粉が減少していると推計されています。
以前のお話と一緒に見て頂くと良いかもしれません。
タグ:花粉

ダニの分類 疥癬、カイセン、ヒゼンダニ、ニキビダニ [その他(全ての生物)]

ちょっと前後しますが、ダニの補足と、分類です。

ダニは、気門の数等で分類されているようです。

気門 気門部位 おもなダニ
アシナガダニ亜目(Notostigmata) 背気門亜目 4対 胴部背面
カタダニ亜目(Tetrastigmata) 四気門亜目 2対 第Ⅲ~第Ⅳ脚基節横
ケダニ亜目 (Prostigmata) 前気門亜目 1対 鋏角近く、胸部前縁部 ニキビダニ、ツツガムシ
トゲダニ亜目 (Mesostigmata) 中気門亜目 1対 第Ⅱ~Ⅳ脚基節横 イエダニ
マダニ亜目 (Metastigmata) 後気門亜目 1対 第Ⅳ脚基節後 マダニ
ササラダニ亜目 (Cryptostigmata) 隠気門亜目 気管無しor有
コナダニ亜目 (Astigmata) 無気門亜目 無し 気管無し ヒゼンダニ

BSI 生物科学研究所 第 4 章.ダニ からです。
SEM(走査型電子顕微鏡)像とか素晴らしいですね。いいお仕事ありがとうございます。


お写真のご紹介です。

ケダニ亜目から、ニキビダニです。
アカラス.jpg
写真は、イヌからのもので、Demodex canisですね。
人にも同様な形のダニが皮脂腺に寄生します。(種は違うようです)


コナダニ亜目から、疥癬(カイセン)です。
疥癬_.jpg
これはネコからで、猫小穿孔ヒゼンダニ(Notoederes cati)でしょうか。

イヌでは、Sarcoptes scabiei var. canisという種が寄生して、
人のヒゼンダニ:Sarcoptes scabiei var. hominis. の亜種らしいです。
ただし、あまり人には感染はしないらしく
Medical entomology and zoology 59(2), 107, 2008-06-15、に、
痒みはあるもののダニの寄生は認めなかったという報告がありました。
また、日皮会誌:125(11),2023-2048,2015(平成 27)には、
イヌヒゼンダニはヒトの皮膚に一時的に寄生するが,繁殖はできないとのことです。

Kaiinko3.jpg
こちらはセキセイインコからのものです。
鳥は、Knemidokoptes属という種類らしく人とは異なっているようです。

そのほか、ネコやイヌにはミミヒゼンダニ:Otodectes cynotisというものがいて、
Mimidan2.jpg
耳の外耳に寄生しますね。
実体顕微鏡の像です。
P1870309.jpg
結構太っちょです。


ダニも色々ということのようです。

ジグザグでプクプクな、ダニ [その他(全ての生物)]

マダニです。
ダニ.jpg
栄養(血?)をたっぷり吸い込んでプクプクの状態です。

マダニの生活は、
ダニ00.jpg
な感じで、ジグザグです。卵が抜けてました?

ダニは昆虫ではありませんが、親戚ぐらいでしょうか?
卵から孵ったダニは、多くは草むらに潜んでいて、誰かがやってくるのを待っています。
偶然?通りかかったイヌやネコに取り付いて、吸血します。

おなかいっぱいになったら落下して、また誰かがやってくるのを・・・

とっ、数回繰り返した後、成虫となり産卵するのですね。

気長な感じですが、寄生される方はたまりません、
こんな病気やあんな病気をうつされるのですから。

外の環境に生息しますから、根絶は難しいかと思います。
濃厚地帯には近寄らないなどである程度は防げるかとは思いますが・・・ 寄生しにくくする薬はありますが。

さらに、この方も人にくっつきますね。
うーん・・・ 厄介なのです。
タグ:ダニ
前の10件 | - その他(全ての生物) ブログトップ