So-net無料ブログ作成

溶ける、スピロストマム スピロストムム Spirostomum [繊毛虫]

以前ご紹介しましたが、動画が発掘されましたので、ご紹介です。



溶けていますね。
nice!(15)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

生まれる コレプス Coleps [繊毛虫]

コレプスさんの無常?をお伝えしたのですが、増殖もまた常なのです。


真ん中の切れめが増して、



だんだん発生部位が出来ています。



そして分かれます。


こうやって、生まれているのですね。
nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

帆の付いた、カカオ キクリディウム Cyclidium [繊毛虫]

カカオや、アーモンドに似た繊毛虫はキクリディウムプレウロネマなどがあります。
どちらも、帆のような繊毛列があるのですね。

これらは、前にもお話しましたが、食物を捕捉するためにあるのでしょう。

動く姿は、

ツンッ、ツンッ、とっ、素早いですね。

帆のなびいているのがわかるでようか?

上の動画では尾の繊毛が見当たりませんが取れちゃったのですかね。
大きさは、キクリディウムを思わせるのですがどうでしょう???
nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ぐわぁ、がぶぅ、ずるずるっ、コレプス Coleps [繊毛虫]

まさに、
ぐわぁ、がぶぅ、ずるずるっ、といった映像です。

弱肉強食といわれるかもしれませんが、
食事中のコレプスさんもまた、細菌に食べられるのでしょう?
細菌は分子・・・
なので、最終的には元素が強者なのかもしれません。

つまり、拡散に向かうという力学法則には逆らえないということのようです。


そこに、善悪は無く、それを思うのは人間の脳の電気変化、と考えると悲しくなります。

最近思うのは、単なる現象として生き物が発生したとすると、
ゆっくりとエネルギーを消費するのが自然ということなのでしょうか?
最終的に、分子や原子に(それ以下)なっていくとするならば、
せめて長い期間生命を絶やさないでいたいものです。


いかん、また妄想癖が・・・


nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ごきぶーri? [繊毛虫]

スティロニキア (Stylonychia = Tetmemena)さんの、動いている姿です。


ゴキ、と呼んでしまっていますが、

どうです?

歩いてますよねっ?
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ゾウリムシ Paramecium 再び [繊毛虫]

動画ということで、以前ご紹介した、ゾウリムシさんを動かしてみましょう。

全体像はこちらの方です。(スローモーションです)

繊毛の動きを拡大しますと、
で、以前のお話とあわせてみていただくと良くわかるかと思います。


収縮胞を普通の速度で観察しますと、こんな感じで、

スローで見ますと、のように見えます。

ツリガネムシ Vorticella 再び [繊毛虫]

ちょっと、動画の作成?プログラムを作ってまして、
そういえば、以前ビデオのアップロードで、難しいとお話しましたが、
ビットレートの変更が可能なのを思い出し(汗)、再度テストです。
(結局、GIF画像しかお見せしていませんでしたということで)

と、

こちらで、ツリガネムシさんの動画です。

かなりビットレートを減らしましたが、画質はまあまあかなと感じます。
5MBに納めましたが、ブログの容量は結構消費するのでしょうね。

おまけです。


皆さん見えますか?どうでしょう?

ハナビワムシ、 今日はビデオ画像のテストです。 [繊毛虫]

今日はビデオ画像のテストです。

以前ご紹介した、ハナビワムシさんのビデオです。
プラグインが必要です。
IEでQTプラグインがあれば上が表示できます?



普通の埋め込みで、 width="624" height="416" と指定してますが・・・


大きさの調節は出来ないようですね、うーん・・・


ちなみにいつものGIF画像ではこんな感じです。
ハナビワムシ___.gif

ストロビリディウムが作る水流 Strobilidium's cyclone ○tiplier [繊毛虫]

ストロビリディウムさんが作る水流を見たくて、
ストロビリディウム11.gif
真上から撮影してみました。

そこで気がついたのですが、回転してないような?
そう、体は回っていないのです。
これだけ物が周りに吹き飛んでいるのにもかかわらず、ほとんど動かないのです。

Marine Ecology Progress Seriesol. Vol. 48: 1-15, 1988、という 報告に、
ストロンビリディウムさんですが、
繊毛の動きをストロボスコープ(Stroboscope)で観察したものがありました。

dumbo的に図示しますと、
ストロビリディウム12.gif
こんな感じに、水輸送は繊毛膜(membranelles)に平行におこっているとのことです。

膜の下側も動かすと、体の移動も可能ということなのでしょうか?
想像ですが、だいたいこんな感じだと思われます。

回転はしていませんがシロッコファンのように、
頭の上から水を吸い込むという、うまい構造になっているのですね。
よく出来ているものです。

ちなみに、繊毛のビートは35Hzとのことでした。

ストロビリディウム Strobilidium [繊毛虫]

まだご紹介していなかった、繊毛虫のお仲間です。

ストロビリディウム(Strobilidium)さんです。
ストロビリディウム.jpg
この方は、ターボさんと同じくなにがしかの糸?があるようなのですが、うーん確認できないのです。
報告でも確認できませんでしたので、何もないのでしょうか?どうなのでしょう・・・

動いているときはこんな感じです。
ストロビリディウム.gif
頭部?の繊毛を激しく動かして水流を起こし、食べ物をあっというまに吸い込んでしまいます。

口(繊毛部分)を斜め上から見ると、
ストロビリディウム01.gif
のように、繊毛が丸く切れ目なく頭部を囲っています。
写真では見えにくいですが、大核(Macronucleous)は「C」字型をしていて、頭部の直下にあるようです。

繊毛列に切れ目があると、ストロンビディウム(Strombidium)となり、よく似た名前で紛らわしいですね。
こちらの大核はほぼ中央に、球形をしているとのことです。
そして小核は、どちらも大核の脇に寄り添うようにちょこんとあるらしいです。

Acta Protozool. (2004) 43: 201 - 217、に形態学的な分類がありました。(全てではなさそうですが。)


ついでに、おもなものの遺伝子による分類も図示しておきましょう。

旋毛綱{Spirotrichea} コレオトリカ亜綱(Choreotrichia) Codonella Tintinnidium Strobilidium 少毛亜綱(Oligotrichia) Strombidium 棘毛亜綱(Stichotrichia) Halteria Uroleptus Oxytricha Stylonychia 下毛亜綱(Hypotrichia) Aspidisca Euplotes Diophrys Uronycia 被甲綱{Armophorea} Metopus 旋毛綱{Spirotrichea} Protocruzia 異毛綱{Heterotrichea} Stentor Blepharisma Spirostomum
International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology (2009), 59, 439–446、からです。


前ご紹介した系統樹は、こことここで、結構違っていますね。うーんどうなのでしょう???