So-net無料ブログ作成
検索選択

ゾウリムシ Paramecium 再び [繊毛虫]

動画ということで、以前ご紹介した、ゾウリムシさんを動かしてみましょう。

全体像はこちらの方です。(スローモーションです)

繊毛の動きを拡大しますと、
で、以前のお話とあわせてみていただくと良くわかるかと思います。


収縮胞を普通の速度で観察しますと、こんな感じで、

スローで見ますと、のように見えます。

ツリガネムシ Vorticella 再び [繊毛虫]

ちょっと、動画の作成?プログラムを作ってまして、
そういえば、以前ビデオのアップロードで、難しいとお話しましたが、
ビットレートの変更が可能なのを思い出し(汗)、再度テストです。
(結局、GIF画像しかお見せしていませんでしたということで)

と、

こちらで、ツリガネムシさんの動画です。

かなりビットレートを減らしましたが、画質はまあまあかなと感じます。
5MBに納めましたが、ブログの容量は結構消費するのでしょうね。

おまけです。


皆さん見えますか?どうでしょう?

ハナビワムシ、 今日はビデオ画像のテストです。 [繊毛虫]

今日はビデオ画像のテストです。

以前ご紹介した、ハナビワムシさんのビデオです。
プラグインが必要です。
IEでQTプラグインがあれば上が表示できます?



普通の埋め込みで、 width="624" height="416" と指定してますが・・・


大きさの調節は出来ないようですね、うーん・・・


ちなみにいつものGIF画像ではこんな感じです。
ハナビワムシ___.gif

ストロビリディウムが作る水流 Strobilidium's cyclone ○tiplier [繊毛虫]

ストロビリディウムさんが作る水流を見たくて、
ストロビリディウム11.gif
真上から撮影してみました。

そこで気がついたのですが、回転してないような?
そう、体は回っていないのです。
これだけ物が周りに吹き飛んでいるのにもかかわらず、ほとんど動かないのです。

Marine Ecology Progress Seriesol. Vol. 48: 1-15, 1988、という 報告に、
ストロンビリディウムさんですが、
繊毛の動きをストロボスコープ(Stroboscope)で観察したものがありました。

dumbo的に図示しますと、
ストロビリディウム12.gif
こんな感じに、水輸送は繊毛膜(membranelles)に平行におこっているとのことです。

膜の下側も動かすと、体の移動も可能ということなのでしょうか?
想像ですが、だいたいこんな感じだと思われます。

回転はしていませんがシロッコファンのように、
頭の上から水を吸い込むという、うまい構造になっているのですね。
よく出来ているものです。

ちなみに、繊毛のビートは35Hzとのことでした。

ストロビリディウム Strobilidium [繊毛虫]

まだご紹介していなかった、繊毛虫のお仲間です。

ストロビリディウム(Strobilidium)さんです。
ストロビリディウム.jpg
この方は、ターボさんと同じくなにがしかの糸?があるようなのですが、うーん確認できないのです。
報告でも確認できませんでしたので、何もないのでしょうか?どうなのでしょう・・・

動いているときはこんな感じです。
ストロビリディウム.gif
頭部?の繊毛を激しく動かして水流を起こし、食べ物をあっというまに吸い込んでしまいます。

口(繊毛部分)を斜め上から見ると、
ストロビリディウム01.gif
のように、繊毛が丸く切れ目なく頭部を囲っています。
写真では見えにくいですが、大核(Macronucleous)は「C」字型をしていて、頭部の直下にあるようです。

繊毛列に切れ目があると、ストロンビディウム(Strombidium)となり、よく似た名前で紛らわしいですね。
こちらの大核はほぼ中央に、球形をしているとのことです。
そして小核は、どちらも大核の脇に寄り添うようにちょこんとあるらしいです。

Acta Protozool. (2004) 43: 201 - 217、に形態学的な分類がありました。(全てではなさそうですが。)


ついでに、おもなものの遺伝子による分類も図示しておきましょう。

旋毛綱{Spirotrichea} コレオトリカ亜綱(Choreotrichia) Codonella Tintinnidium Strobilidium 少毛亜綱(Oligotrichia) Strombidium 棘毛亜綱(Stichotrichia) Halteria Uroleptus Oxytricha Stylonychia 下毛亜綱(Hypotrichia) Aspidisca Euplotes Diophrys Uronycia 被甲綱{Armophorea} Metopus 旋毛綱{Spirotrichea} Protocruzia 異毛綱{Heterotrichea} Stentor Blepharisma Spirostomum
International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology (2009), 59, 439–446、からです。


前ご紹介した系統樹は、こことここで、結構違っていますね。うーんどうなのでしょう???

ツリガネムシ Vorticella [繊毛虫]

前にもご紹介しましたが、ツリガネムシ(Vorticella)の群生です。
ツリガネムシ(Vorticella).jpg
いーっぱい並んでます。

ツリガネムシ(Vorticella)01.gif
時期がずれますが、花火みたいでした。
(GIF画像ですのであまり長くないのですが、ビデオではスターマインみたいです。)



花火ひとつは、
ツリガネムシ.gif
な感じに動いています。
伸び縮みの解説はこちらです。

バナナ虫② [繊毛虫]

今日も、リトストマ鋼の方です。

以前ご紹介しましたが、今度は動画の登場です。

結構バナナ虫さんたちは薄いのですね。なので、透けて向こうがみえやすいのでした。

動いている感じは下のようです。
リトノタス?.gif
背中がギザギザではないので、リトノタスさんでしょうか?
舌みたいにも見えなくはありませんね。

バナナ虫? [繊毛虫]

きょうは、よこ口達(リトノタス(Litonotus)、ロクソフィルム(Loxo­phyllum)、アンフィレプタス(Amphileptus)、ロクソデス(Loxodes)、ディレプタス(Dileptus)など)の中でも、
リトストマ鋼:Litostomatea(毛口亜鋼:Trichostomatiaと、毒胞亜鋼:Haptoria)の方たちの見わけかたです。

以前に、口の向きで分けていましたが、核や、収縮胞、毒胞の位置や数で分類が可能のようです。
繊毛虫の分類A.png
混沌としているとお話しておりましたが、まぁ大体でよければ上のようになりますでしょうか?

何かのご参考になれば幸いですね。
Acta Protozool. (2015) 54: 9–29.
Denisia, Biologiezentrum Linz, Austria Vol 0031-0001-0529.pdf
からでした。

隠れてみました [繊毛虫]

リトノタス(Litonotus)、ロクソフィルム(Loxo­phyllum)、アンフィレプタス(Amphileptus)、ロクソデス(Loxodes)、ディレプタス(Dileptus)は分類が難しく、
どれというのが断定しずらいのですが、まああまり深く考えないようにしましょうか???
(というかあまり深く調べられていない?→参考によってまちまちで混沌としている、最終的には遺伝子を調べないと・・・)

その仲間にはロリカと呼ばれるからに隠れている方たちがいます。

アンフィレプタス?.gif
こんな感じに出たり入ったりしているのですね。
写真はおそらくディレプタスさんでしょう

かと思うと外に出て泳いでいたりするのです。
臆病なのか、大胆なのか、うーんどっちなのでしょうね。

結構素早いんですよ・・・泳いでいる時も。

2016/9/21追加)写真の方は、スティコトリカ(Stichotricha)らしそうです。
Eur J Protistol. 2015 Oct;51(5):351-73.によると、
この科の方たちは、色々な科へと再編されています。
どちらかというと、横口達よりは、ゴキ達へでした、申し訳ありません。

dumboも再編しておきますね。
うーん、分類は難しいぃ・・・



かく核しかじか [繊毛虫]

今日は核(≒遺伝子の入れ物)についてですね。

繊毛虫の代表?であるゾウリムシには核が2つあることはご存知と思います。
大核と小核ですね。
大核は生活に関係し、小核は生殖をになっています。

下は、ゴキさんの仲間のオキシトリカ(Oxytricha)の接合(有性生殖?)についての図示です。
オキシトリカの細胞分裂.png
ざっとこんな感じでゾウリムシさんと大差はないのですが、複雑ですね。

この、大核(macronucleus:MAC)と小核(micronucleus:MIC)のあいだで、遺伝子の組み換えが起こっていて、
かなり色々なことが起こっているようです。
ここでは、RNAが関与していて、DNA→RNA→DNA?みたいなことが起こっているようです。

小さい生き物なのですがすっごく複雑なのですね。

Curr Opin Microbiol. 2009 Dec;12(6):638-43.からのお話でした。