So-net無料ブログ作成
検索選択

イチゴ [その他(全ての生物)]

花をみていたら他のもの気になるのですね。
ちょうど植えていた、イチゴの花を見てみました。

イチゴ03.jpg
こんな感じです。

メシベ(雌蘂:しずい)?によってみますと、
イチゴ04.jpg
普通、花のメシベは1つでしょうが、びっしりと乱立?しています。

オシベ(雄蘂:ゆうずい)は、
イチゴ06.jpg
ちょっと角度を変えると、
イチゴ07.jpg
のような感じに、
葯(やく)はパックリと開いています?
ツツジとは違った形なのですね。


やはりイチゴですから、果肉?がどうなっているか見てみると、
イチゴ01.jpg
一つ一つが袋状になっているのです。
で、この袋が
イチゴ09.jpg
のように緑のつぶつぶになり、黒(茶色い)いぽつぽつへと変化するのですね。
黒いポツポツが実ということのようです。

じゃあいつも食べているものはというと???
実(じつ)のところ実(み)ではないのでした。
うーん・・・○×△でも、果物ですよね!

サツキ [その他(全ての生物)]

皐月に咲くツツジをサツキというらしいですが、
今、咲いているのがそうなのでしょう?
みんなツツジってことなのかなぁ???

dumboはやっぱりミクロで見てみます。

サツキ花びら_内.jpg
花びらの内側(メシベ、オシベのある側)です。

そして外側ですね。
サツキ花びら_外.jpg
外側の方がざらざらしているのですね。

アイスプラントの塩嚢細胞よろしく、何かたまっているのでしょうか?
花びらの美しい風合いはこのざらざらが関係しているのでしょうね。


めしべは、
サツキ_メシベ.jpg
ペタペタと、ベタベタ?と花粉をくっつけるように出来ています。
当然ゴミも・・・

花びらよろしく、5つに分かれているのですね。

そして、
サツキ_オシベ.jpg
オシベです。
初めて気づいたのですが、花粉は筒?袋?(葯 :anther )の中から出てくるのです。
風に吹かれてふりまくように無駄のない作りということなのでしょうか?

動かしてみると、穴の具合がわかりますね。
ほんとにミクロって面白いですね。

ドリル [顕微鏡・機材など]

お久しぶりです、dumboです。

さて、時間が色々と必要で・・・
きょうは機材のお話です。

以前、ネジを撮影しました。
その時の機材では照明がやりづらいのなんのって・・・
結局、1から新調しまして(新品はとってもお高いので、リサイクルですが)今日はそのお話です。

いきなりですが、全体像です。
drill_P1090074.jpg
相変わらず手作りって感じで、カメラを横にスライドするように変更しました。
これで照明に不自由がなくなりました???

スライドはステッピングモーターで駆動して、全ステップ量と、1コマごとの量を指定し、
シャッターも自動にしてしまいました。
(スライドテーブルにモーターをつける部分は、こりコリと自作しています。)

なので、ボタンひと押しでピント位置の違う像達が撮影出来ます。
以前は2相でしたが今回は5相のステッピングモーターで、動きが滑らかですね。

さて、テストですから動かないもので、
drill_P1090075.jpg
ドリルを撮影します。
φ2.5mmです。

出来た画像は、
drill.jpg
で、51枚からの深度合成です。
(合成ソフトは以前のままですが、いい仕事をしていますね。)

ドリルで手を切る事があるのですが、新品はカッターのように研がれているのですね。
これだけ鋭いと切れるのも納得です。


前の機材ではコマごとに、微妙に縦横ずれていたのですが、
さすが光学機器メーカーさんのものは中古でもピシッてしています。

動画では、
な感じで、
微妙ですがねっ。
もっと細かく枚数を重ねないといけません?



ご参考までに、駆動回路の回路図を示しておきましょう。
ステッピングモーター.png
CW、CCW→ABCDEへの配線部分の、ステッピングモータードライバーは上図にはありません。
(初めは自作していたのですが、個々のモーター専用の方が発熱等も少なく良いですね。)

駆動プログラムは、PICの16F873で、メモリに余裕があるので、C言語です。

(リストは下記をご覧ください。
なお商業利用以外はご自由にして頂いて結構です。
その場合「<」と「>」は小角文字に変更してください。
商業で使用される方がおられるかどうかは?ですが・・・)

ステップ駆動プログラム


だんだん暖かくなってきたので・・・ [ミジンコ]

池が呼んでいます。

というわけで?水の中が気になってきたのでした。
初めはミジンコさんというわけで、

以前心臓のお話をしました。
それ以来、上の弁の形がどうなのかずーっと観察していたのですが、
ミジンコ心臓.png
図示すると上の蓋みたいな部分です。

スローモーション(10倍?)で撮れるようになってなんとか、わかりましたのでご紹介です。
心臓001.gif
右上のパカパカしている部分ですがわかりますでしょうか?
動画では小さいですが、

です。

ちなみに、横の弁は、
心臓201.gif
この様な感じで、くちびるみたいですね。

粘土のお時間です② ケンミジンコ? [陶芸]

お久しぶりに粘土遊びをしましたのでご報告?です。

本当に久しぶりにお伺いしたのですが、おなじみの方がまだおられました。
うれしいものです、
子供の近況なども一緒にお話しできて楽しい一日となりました。

作ったものはまたまた実用性の無いものですみません・・・
以前ミジンコさんでしたので、今回はケンミジンコですね。
微生物では2作目となりますでしょうか???

初めは、粘土を二つに分けて、
P1260790.jpg
胴体と、殻?を作ります。

P1260791.jpg
あまりの粘土で足を作って、

P1260792.jpg
触角をつけました。

P1260796.jpg
胴体に足をつけて、あれ、1対入るスペースがないっ、
あごに変形しましょう?

P1260798.jpg
殻をつけて完成です。

粘土を組み合わせると、体の形を再認識出来るのですね。

今度の更新はいつになるのかなぁ?