So-net無料ブログ作成

みーん、みんみん [昆虫]

ここ数カ月物作りの話題でしたので、ひさしぶりにいきもののお話です。



夏です、せみがないていますね。

セミの出現時期は地域で格差があるでしょうが、

ハルゼミ(5月)→ニイニイゼミ(7月)→アブラゼミ(8月)、ミンミンゼミ、クマゼミ→ヒグラシ(8月)→ツクツクボウシ(9月)
の様な感じでしょうか?
私の居るところでは、ほとんどハルゼミはきけませんが。(松の木がありませんから)

ヒグラシは地方によっては、6、7月らしいですね。
Nature of Kagoshima vol.40 Mar:2014 133-140、によります。(南国のお話です)


今年は、ミンミンゼミが大発生みたいで、今日もミーン、ミンミンです。
ミンミンゼミ.jpg
こんな感じです。

結構木の高い部分に止まっていることが多いのですが、手が届く範囲にいましたので、
子供と一緒に観察してみました。
ミンミンゼミ000.jpg
ちょっとずんぐりしていますが、綺麗なセミです。

ひっくり返すと、
ミンミンゼミ00.jpg
で、この方はメスでしょうかね。

撮影をした後は、元の木に戻して、ありがとうです。


でっ、

鳴き方と、声の生成は色々なところで解説されていますので、さらっと図示します。
セミの鳴きかた.gif
こんな感じに、他の昆虫では飛翔筋とされている筋肉を使用し、tymbal(発音膜?)を震わせて音を出します。
J. exp. Biol. 187, 45–55 (1994)からです。
日本語では、クマゼミについてですが、
大阪と科学教育 24, 1-12, 大阪府教育センター (2010)、に詳しい構造のお話がありました。

飛翔筋については、以前の記事と比較していただくといいかと思います。

この発音膜は幾重にも折りたたまれ?ひだひだに?なっていて、
それが音の増幅(+20dB程とのこと→10倍?)に一役かっているそうです。
共鳴は腹部の空洞によるものですね。
それにしても大きな音が出るものです、いつもながら生き物ってすごいと思わされます。


さて、セミが他の昆虫と異なっているのは、耳が良いのですね。
セミの鼓膜.gif
鼓膜(tympanum)の位置は上の緑の部分で、見ての通り非常に大きな膜なのです。
これはなんと音を出す筋肉(発音筋)の下にあって、さぞかしうるさいだろうと思うのですがどうなのでしょう?

聴神経の数も多いいそうです。

ところで、昆虫の耳は種類によって場所が違っているので面白いですね、
コオロギでは足に、ガやチョウ?では翅の付け根に、ガやカではさらに触角に・・・なわけで、いずれお話するかもしれません。


ところであの個性的な、「みーん、みんみん」という鳴き声はどうしてなのか?ですが、
Journal of Experimental Biology 2002 205: 1285-1292;に面白い実験の報告があって、

音程はもちろんですが、音の発生と消失、いわゆるリズムについて、非常に細かく判別できるとのことです。

セミはリズムを聞き分ける能力を身につけているということのようです。
やはり歌手、singerなのですね。

おん○はもてないということなのでしょう、か?○×△きっびっしいぃ!
タグ:昆虫 セミ

そんな、ガバナァ~ぁ [ものづくり]

お久しぶりですね、

梅雨も終わりそうですが、じめじめした日が続き蒸暑くてバテばてなdumboです。


大方のかたがご想像している通り、ものづくりにはまってまして、

初めは、ミジンコ二号を調整していたのですが、振り子の周期の問題かなぁと、思いっ切って他のものに改造していたのでした。

さらに改造していたものが、うーんでして、さらに違うものへと変身です。


今日のお題は、オルゴールです。
オルゴール.jpg
よく見なれたものはこんな感じでしょうか?

一応名称を、
オルゴール000.jpg
つけておきましょう。

ゼンマイの力でシリンダについているピンが、クシ (comb)を弾いて音を出すのですね。


さて、これを自作するには色々あるでしょうが、
初め出来たものが、
オルゴール02.jpg
上みたいなものです。


シリンダー部分は、
オルゴールのシリンダー.jpg
な、感じです。


振り子時計では、エスケープメントが調歩取りをしていましたが、
オルゴールではガバナー (Governor)という部分が担っています。

初めは、遠心クラッチで、
ガバナー01.jpg
な、感じです。
というのもウォームギアを動かすのが大変でして・・・
ギア比がかせげないので、プロペラよりもっと制動力を求めてということです。

ところが、音がうるさくて、肝心の音楽が聞こえません。
クラッチ>ギア>=音楽、なところでしょうか?

そこで、
ガバナー02.jpg
ブラシでやってみると、
クラッチ=ギア>=音楽、となりました。
一応、ゴムとかスポンジを使ったのですが・・・

さらに消音化を求めて、
ガバナー03.jpg
アルミニウムと、磁石を組み合わせた、磁力クラッチ?(渦電流によるブレーキ効果)となりました。
ギア>=音楽>>クラッチ、ですね。


前後しますが、
オルゴール01.jpg
全体像はこんな感じで、小さな鉄琴がリサイクルされました。
(写真の、クラッチ部分はVer.2ですね)


振り子時計と組み合わせると、
時報振り子時計.jpg
何とも、個性的な時計の完成です。

まだまだ、調整を必要としていますがねっ。