So-net無料ブログ作成

ゾウリムシ [繊毛虫]

繊毛虫といえばやはりこの方でしょうか?

教科書には必ずといっていいほど載っていますが、培養しやすいらしいからだそうです。
実際にはお目にかかっていなかったのですが、
これはそうでしょという方がおられましたのでご紹介です。

ゾウリムシ (Paramecium)さんです。
名称未設定 21_3.jpg
S字にくびれた体の中間あたりに口があるのですね。

分類は、こちらです。

投稿してみました。 [あーとなのかなぁ]

お久しぶりです、dumboです。

いやぁ~写真って難しいですね。
なんとか安定してきましたので、自分のレベルを知るべくコンテストに応募しました。

マクロ部門ですが、ミクロでしたでしょうか。

顕微鏡写真には専門のコンテストがあるのですが、
より一般的な方がいいかと思い、出しましたが却下されるかもですね。

では、また。

ちなみに、こちらです。

釣鐘のでき方 [繊毛虫]

以前、ツリガネムシ(Vorticella)の伸び縮みをご紹介しましたが、
きょうは変身のお話です。

釣鐘虫の遊泳体(free swimming form)は下の写真のような感じです。
釣鐘1.jpg
チンチニディウム(Tintinnidium)さんにそっくりですね。
(ひょっとして同じ方かもしれません???)

この遊泳体が、河童のような繊毛列(telotroch)をツンツンと適当な場所を探しながら移動します。
かなり高速で移動しますのですぐに見失ってしまいます。

さて、運よく手頃な場所を見つけたつりがねさんは、
じっとして動かなくなります。
釣鐘2.jpg
こんな感じですね。

しばらくじっとしていますがだんだんと丸くなって、
釣鐘3.jpg
お尻?のほうからパッカリと、

釣鐘4.jpg
繊毛列(trophont)が出てきて(裏返って?)、

釣鐘5.jpg
めでたく釣鐘(sessile form)の完成です。

大変身ですね。


しばらくして居心地が悪くなると、
釣鐘6.jpg
再び丸くなって、お尻?、頭?の繊毛を動かしてどこかへ行ってしまいます。

面白いでしょツリガネ虫も。


しばらくぶりですみません、
プランクトンの最盛期で撮影にかまけて、ブログの更新がおろそかになってしまいました。

では、また。

月でないにゃぁ [陶芸]

9月.jpg
お団子食べたぁ~~~い。

あめやまないかにゃぁ~。
タグ:陶芸 お月見