So-net無料ブログ作成
検索選択

水でできたヒマワリ [繊毛虫]

ゾウリムシといえば典型的な構造は収縮胞周りの花びらでしょう。

収縮胞複合体(contractile vacuole complex, CVC)と呼ばれ、
普通の光学顕微鏡でも焦点をずらすと見ることができます。

普通は位相差顕微鏡を使う(微分干渉かな)のですが、
ふつうの明視野でも下の様に一応見えますね。
名称未設定 21_2.jpg

これは、体の水分を排泄する機能を持っているのでご存知でしょう
名称未設定 21_1.jpg
解りづらいですが少し排泄してますね?

さて、これは電位によって調節されているらしいのですが、
面白いことに、利尿剤のフロセミド(ループ利尿薬)でも影響を受けるそうです。

基本的な作用は微生物でも哺乳動物でも変わらないのですね。

J Exp Biol. 2002 Oct;205(Pt 20):3261-70.からのお話でした。

なお、総説はJpn. J. Protozool. Vol. 39, No. 2. (2006)が詳しいでしょうか。

nice!(34)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 34

にほんブログ村 教育ブログへ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。