So-net無料ブログ作成

生きるためには蚊が必要です [線虫]

今度は、蚊が媒介するフィラリアという線虫です。
ミクロフィラリア.jpg
犬の血液中のディロフィラリア(犬糸状虫:Dirofilaria immitis)の子虫、ミクロリラリアです。

フィラリア00.jpg
蚊の中に潜んでいた幼虫は、蚊の開けた穴から皮膚の下にもぐりこみ、一定の期間潜伏します。
しばらくして大きくなった幼虫は、血液の中へと入り、最終的に心臓へと移動します。
心臓で成虫になったフィラリアは、子虫を産んで、その子虫が血を吸った蚊へと・・・
(フィラリアは卵胎生ですので、親の体の中で卵が孵化して、直接子供を産みます)

このフィラリアという線虫は蚊という媒介者(=中間宿主)を必要としているので、
蚊と仲良くできるのかと思うとそうでもないらしく、
あまりに多く蚊に移行すると蚊自身も死んでしまうんだそうです。

でも、蚊はせっせとフィラリアを運んでいるんですね。
蚊はフィラリアから何か頂いているのでしょうか?
うーんどうなっているのでしょうね?気になるところではありますが・・・

昔の報告ではありますが、
自然の蚊の5.6%に感染が認められたといった報告とか見ると、
20匹の蚊に刺されると感染するかもしれない計算になりますよねぇ。
熱帯医学 Tropical medicine 17(1). p35-40, 1975、によります。
(今はそんなことはないと思いますが。)

人のお話では、
日本における衛生虫学の研究 7(1999) Ⅳ線虫類 9.ディロフィラリア症.が詳しいでしょうか。

nice!(48)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 48

にほんブログ村 教育ブログへ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました