So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

シンバル回路 Cymbal circuit [ものづくり]

一応完成した、Analog Percussion Synthesizerですが、シンバルの音が今一つなのでした。
金属音が無いのですね。
ホワイトノイズをそのまま出力しているので当然と言えば当然ですが。


そこで色々検討していると、こちらのサイトに名機と呼ばれる、BOSS DR-110 Dr. Rhythmの回路の解説を見つけました。

そのまま使用するのはどうかという感じでしたので、dumboなりにアレンジして、試作してみました。
P1260107_s.jpg
写真では74HCT04を使用していますが、HC04でもOKでしょう。


アナログシンセ_シンバル.png
こんな感じの回路です。

回路のA地点の音は、
ホワイトノイズですね。

B地点はで、400Hz、730Hz、1200Hzの三音の合成です。
クラクションみたいでしょうか?

C地点はで、基音となります。

D地点はで、バンドパスフィルタを通しシンバルの音に成形したものです。


出てくるシンバルの音は、
です。
ちりちりとしたノイズは電源からと思われるので気にしないでください。

ちなみに以前の音は、で、
布団を叩いているようで、金属音が全くありません。

どちらが良いかは好みもあるでしょうから決めかねるところがありますが・・・


さて、DR-110では、1.15kHz、820Hz、465Hz、317Hzの4種の音を重ねているのですが、
74HC04が1個ですむように400Hz、730Hz、1200Hz、(実測)で行っています。

回路のキモは、NJM4558を使用したフィルタにあるとにらんだのですが、
今回、オペアンプを使用せずにトランジスターの2CS1815でまかなってみました。
バンドパステスト____0_001___0_0068.png
帯域は、シュミレーションでオペアンプとは若干違っているようでしたので、
回路のC1と書いてあるコンデンサーは0.001μFとしています。

もう一つの要である、回路のE地点のトリガーは、
トリガー.png
の様な波形を示します。
その下のC2と書いてあるコンデンサーで音の持続時間を調整します。
0.0068μF位でシンバル、0.047μFでハイハットでしょうか?
上のシンバル音は、0.047μFのときのものです。

一応完成です? Analog Percussion Synthesizer [ものづくり]

以前のケースに入れて一応完成です。

後部パネルの穴があわなそうでしたので、そこらへんにあったL字アルミ金具を流用しました。
そんなこんなで、変な所に穴がありますが気にしない?っと?
P1260018_s.jpg
上の小さな基板は、Line出力用のものです。
出力を途中から取るとまずそうでしたので、LM324をバッファにしてステレオに分配しています。

音はというと、なかなか難しいですね。
基板だけで聴いていたものと、ケースに入れると若干違っているのです。

細かな調整は、おいおいということでしょうか?

ジャックも手持ちに3つしかなかったので、2つ分の入力を取り付けていませんし。

今度はいつになるのでしょう???

基板出来ました??? アナログパーカッションシンセ完成??? [ものづくり]

感光基板の失敗した残りを使って、トナー転写式でやったのですが・・・
コンビニのコピー機でも出来るのがわかりましたが、結構大変ですからお勧めはいたしません。

ちなみにふぁMIマアのコピー機で、普通紙に印刷したものをアイロンで2回転写しました。
その後の修正作業の不毛なことといったら・・・


そんなこんなで、出来上がりです。
P1260016_s.jpg
半田とパターンが汚くてすみません・・・とほほ

部品面は
P1260015_s.jpg
で、右からバスドラ、ロータム、ハイタム、スネア、リム、ハイハット、シンバル、リム2をイメージしています。
いつもながらに、統一感の無い部品です、笑。


さて、実際作って解ったのですが、
以前の回路は改良?前のものをご紹介していて、それをそのままパターンとしましたので、
修正の跡があるわけです。(白い銅線です)

本来の回路図は、
アナログシンセnew2.png
で、OKだと思います。
定数値は好みで色々変えるということはいうまでもありませんが。


修正なしで出来るであろう?、パターンはこんな感じですね。
アナログシンセ基板_____.png
ラインの隙間やランドもなるべく大きく変更しています。

アナログシンセ基板______.png
ともに300dpiで150×100cmとなります。

部品の配置は、
アナログシンセ基板_部品.png
となります。
実際の定数値は、音の決め手部分以外たいした問題ではないようです。

これで、電子ドラムセットにそのまま接続するということも可能になるのです、面白いですよね。

今日はメモです [ものづくり]

忘れやすいdumboですので、パーカッションシンセ(Percussion Synthesizer)回路?についてメモっておきましょう。
音づくりの参考になると思いますし・・・

まず、ノイズ発生部分です。
ノイズ発生回路.png
ホワイトノイズ発生といえば、トランジスタの2SC828による逆バイアス(ベース接地?)ですが、
これは電源電圧が高くないといけないようです。
また、最近では、2SC828が手に入りにくい?ようですから、
なじみの2SC1815ですとノイズ量が少ないので、2SA1015を使用することが多いでしょうか?

ツェナーダイオードを使うこともありますが、アバランシェ降伏によるノイズ発生は、
これまた、6V以上の物が必要で、今回のように5Vの電源電圧では使えません。

乾電池の使用を考えると、9V以下(出来れば6V)ということになりますので、
TL431という石を使うのが良いらしいです。


回路のキモである、
トランジスタ位相型.png
位相型発振回路ですが、これにはトリックがあるようで、
Tブリッジ部分が最後に挿入されているので実際より高い周波数で発音します。


発振回路の増幅度を決定する部分は、
トランジスタ増幅.png
な感じに、およそ抵抗値の比によって決まりますから、
上の様な感じになります。
利得が29以上あると位相型発振回路が自然発火しますからピーってなるのでしょうか、ねっ???
そのため利得を増やすと余韻(ディケイ?Decay time)が長く続くという事かと思います。


トリガーからの入力は、
入力.png
な感じにパルスとして発振回路を発火させるようです。


最後の、ローパスフィルターは、
ローパスフィルタ.png
単純に強さ(立ち上がり、アタック?Attack)を決定しているようです。

とまあ、こんな感じのメモなのでした。

基板にしてみましょう? アナログシンセサイザー [ものづくり]

一応電気工作ですから、基板にしてみようかなぁ・・・とまだ完成していませんが、
Gadget Factoryさんのを参考にしています。

さらっと書いてみました。
変更済みですので、こちらをご覧ください。

な感じに8ch分あります。
ノイズ部だけが3ch、実音部だけが3ch、合成部が2chです。

前回の回路で出力が弱い感じがしましたので、LM386をバッファにしています。
これで、直接スピーカーも駆動できるでしょう?
もちろん、必要なければ2SC1815からの出力を使用します。

(右上のOUTからボリュームをかませてLM386のINに入力する感じです。
最終的には中下のOUTから出力ですね)

感光基板を作ってみたいかたは、
変更済みですので、こちらをご覧ください。
を、150cm×100cmでOHPシートにプリントアウトすればOKでしょう。

その際、部品面が表になってますのでご注意ください。
これは感光基板に接する面が近いほうが綺麗に焼けるということだからです。

完成するかなぁ???


エッチング液を節約したい方は、
変更済みですので、こちらをご覧ください。
をどうぞ。
前の5件 | -